めいこいPSPフルコン感想~八雲・音二郎・チャーリー~

プラスメイト誘導
こんちゃす!
歴史にハマったキッカケはゲームな杉本(@otomechan_nel)です。
ハマると徹底的だものね、アンタ。
そうなんだよねー。
高校時代は、電子辞書で人名探して暇つぶししてた・笑

そんなわけで、今回は

明治東亰恋伽(めいこい)PSP版 感想

八雲・音二郎・チャーリー編

をお届けします!

攻略順は「泉鏡花→藤田五郎→菱田春草→森鴎外→小泉八雲→川上音二郎→チャーリー」

今回は後半の「八雲・音二郎・チャーリー」をお届けします。

前半は【めいこいPSPフルコン感想~鏡花・藤田・春草・鴎外~】こちらで!(^O^)/

事前情報無くプレイしてます。

※スチル有りのネタバレ全開です!!
※スクショはスマホのカメラで撮ってるので、画質は期待しちゃだめです。ご容赦をば。

読みたいキャラがいたら、目次から飛んで頂戴ね♪

1.ヤンデレ気味な小泉八雲

声優:立花慎之介

好きだわーこの人!
明るい、好きなことに一直線、日本語話せる外国人、紳士、でも受け身じゃない。

すばらしい!ʕ•̀ω•́ʔ✧

八雲さんの物の怪好きな気持ちは、見てて清々しいね!
あんだけ何かを好きでいられたらいいよなぁーって。さりげない気遣いもうまいし。さすが。

主人公が婚約話に関して、かなり厳しく突っぱねてるのが、ちょっと「?」だったけど。
まあ、現代帰るのに変に期待させてもいけないからね。主人公の気持ちとしては。

八雲さんは、ストーリーが進むと、だんだん愛が重くなる方でした(笑)
主人公のことを好きすぎてきもーーーーちヤンデレっぽい発言してくるから、ファッ!?(゚д゚)!てなる。

笑顔でヤンデレっぽいこと言ってくる紳士。©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

基本、明るいし面白いし一緒にいて楽しいとは思うんだけど、なかなか強引なところもあって。

八雲さんも、主人公をそこまで好きな理由がよくわからなかったかな…
けど、一応和装が似合うとか、食べ物美味しそうに食べるとか言ってたし。実際、人を好きになるきっかけってそんなもんだろーし。

好奇心から好きになったのかな?と思わなくもない。©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

ただ、許嫁までいく?ってのはあるかなぁ。

八雲さんのストーリー自体は、キャシーの謎が解けたから、よかったです。
普段の言動が甘めだから、イベントで甘い!!!ってなることはなかったけど。

あと、エンドロール後の場面も、普段とあんまり変わらなかったな(笑)
アフターの八雲さんはやたらとテンション高いし(笑)
この賑やかな感じが好きだなあ、八雲さんは。

「藤田サン!」
って言ってる時の八雲さんが一番イキイキしてる気がする(笑

2.最初から一つの屋根の下生活・川上音二郎

声優:鳥海浩輔

音二郎さんかっこいいいいぃ!!!!

兄貴キャラ好き\(^o^)/
八雲さんほどベタベタに甘いわけでもなく、程よく弄んでくる(笑)
わかってんなぁ、自分がいい男だってのもわかってるから、もー憎らしい(笑)

見世物小屋で手を差し出してくれたりとか。頭ぽんぽんはあかんです。弱い(笑)

そして、音二郎さんルート、泣けた…!!!

めいこいで初めて泣けた(笑)
ここまで攻略してきて、流れが一番自然だったというか。気持ちの変化が不自然じゃなかった!!!気がするのは贔屓ですかね!?

ここまでの子たちって、主人公ももちろん相手のこと意識はしてるけど、「現代帰るし」ってその気持ちを無視してて。
無視というか、気づかないようにしよう、ってしてて。
でも、相手は好意をぐいぐいおしてきて。
ほんで、ふつうにちゅーまでするのに、両片思いみたいな、思いを伝え合ってない、お前ら友達以上恋人未満もいいところだぞ、みたいな感じで。

それでも主人公は「相手の気持ちも、自分の気持ちも、謎だな」って、気づかないフリをしてて。
いや、音二郎さんもそうだったんだけど。

でも、音二郎さんルートは、
口ちゅーするときに、主人公が自分の気持ちを認めてる状態ってのが良かった。

風邪のときの口移しはノーカンです(笑)ありゃあ、ずっこいです。でも好き(笑)

結局あとで自分でバラすし(笑)©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

現代に帰るverがとりあえず泣けた。
みんなそれぞれ潔く帰してはくれるんたけど、主人公が抱きつきに行ったの、音二郎さんだけじゃね?記憶違い?

「泣くぐらいなら俺の腕の中にいろよ」

っていうあの言葉が、ホントに、泣けた…ごめんなさいってたくさん謝る主人公ちゃんも。
辛いよね。お互いわかってて、それでも別れを選ぶ。この世にこんな辛いことがあろうか!!いや、ない!!!

一緒に帰るverもよかったなあ…元々洋装だったからジャケット姿もよく似合うし。
なんかふつーにカッコイイ(笑)

くっそ、普通にかっこいいんだよ…!!©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

コンビとしては、鏡花&音二郎コンビが一番好きかも。
お互い相手に嫌がらせする(笑)のも、可愛いレベルだし。

鏡花ちゃんの嫌がらせの仕方が、「川上を笑ってやろう」ってところから始まってるから微笑ましい(笑)
この二人はいいコンビだと思う。

3.切なすぎるルート・チャーリー(松旭斎天一)

声優:森川智之

すげぇ切なかったッ……!
ここまで、ただひたすら「胡散臭い人」ぐらいで、他のルートだと、物語の最初と途中と最後にしか出てこないし(全部やん)
ルート入ってもトキメキどころがないし…と思ってたら!

1番泣けたっつーの!\(^o^)/

攻略制限かかっててよかった。すごいうまいこと回収してくれた。

  • なんでチャーリーさんが主人公を明治に飛ばしたのか。
  • なんで「明治」なのか。
  • 主人公はなぜ魂依なのか。
  • チャーリーさんは「誰か」と会わせたがっていたのか。
  • なんで「明治」で「幸せに」暮らすことを強調してきたのか。
  • チャーリーさんが描いた主人公の幸せはなんなのか。

ストーリーの展開方としては、よかった。

各人の恋愛展開は期間が短いこともあって、すっ飛びすぎてるところもあったけど(笑)
チャーリーさんに関しては、ネタバラシの仕方もきれいだったなあ。

鏡花ちゃんに気づかせて、紐解いていって。
んで、ケータイで思い出せる現代の記憶回想で、自分がどういう状況だったかを見せてくれて。
なるほどねー!!ってなったわ。

チャーリーさんが、まさかの物の怪で、しかも…お守りの付喪神だったからか、力も強いし。
途中で、主人公が「私が会いに行ったら迷惑?」って言い出すあたり、すごい、切なかった……

だってな、主人公自身は気づいてなくても、好きな相手に会いに行って、毎回遠回しに「離れる」ことを促されたら…そりゃ、傷つくよ。
中途半端に相手してくれるくらいなら、会いに来ないでって言ってくれたほうが楽なのにね。
で、そのときは、主人公側の気持ちしかわからなかったし、チャーリーさんの正体もわからなかったけど。

チャーリーさんの正体も、気持ちもわかってから、改めてあの場面を考えると…

ぶわわっ(´;ω;`)

主人公のこと好きで、その主人公から「会いに来るの迷惑?」みたいなこと言われて…

そんなわけないじゃん!!!

ってなってるけど、チャーリーさんも本当に本当のことを言えなくて。
やんわりと本当の気持を伝えるしかなくて。「まさか。そんなわけないだろう」って感じに。
でも、それが主人公には伝わりきらなくて。

うあぁ切ないいい……

何なのこの、両片思いというか、わざわざすれ違い起こしてる二人は!!

ルート終わってこの言葉を聞くと…(´;ω;`)ブワッ©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

一人で現代帰るエンドはもっての外として(笑)
明治に残るのと、二人で帰るのと。

どっちのが幸せなのかなーって考えると、まあ、明治に残る方だよね、と思った。
チャーリーさんにとっても幸せだし、主人公にとっても幸せだし。

でも、Afterが現代なのを考えると、チャーリーさんの予定を全てひっくり返した二人で現代エンドがいい…ってことなのかな。でも、現代戻るのは、一人でも二人でも結局切ない感じになると思うんだがな…?現実的なこと考えれば、主人公一生独り身でいるしかなくて。でも、明治でもそれは同じなんですよね。

てか、明治のが、他の野郎ども(笑)に言い寄られるから、大変か。
鴎外さんところに居候し続けるわけにもいかないし。

チャーリーさん以外の誰かと結ばれて、明治に残ることはチャーリーさんの望みではあるけど、チャーリーさんの思いを知った今、「そのあとチャーリーさんどうするの?」って感じだわ。
付喪神だし、主人公が主だし、鏡花ちゃんのウサギみたいに、ずっと一緒にいる感じ?

あと、途中であったタマヨリの女の子。あの子、チャーリーさんのAfterで写真から消えちゃって、しかも「続く…?」みたいに終わって…なんなの!!
最初、「主人公はもともと明治の子で、チャーリーさんが現代にとばして、また明治に戻した」っていう、完全に花まにと同じパターンかと思ってたけど(笑)どうやら違うようだし。
消えちゃったってことは、明治の中での存在そのものがなかったことになる…のは、なぜだ…?

蓄音機ネタも非常によろしかった。1人帰還エンドに意味があった。すばら。
切なさはマックスだけどね…。

チャーリーさんルートの主人公ちゃんは、どのルートよりも等身大で、全力でした。

それは、相手がチャーリーさんという、ずっと見守っててくれた存在だったからなのかなあ、と今にして思います。
本人は気づいてなかったとしても。

あ、あと、ここ。
このシーン↓↓、かっこよかったです。真面目モード。

こんな凛々しい表情、かっこいいにきまってる…!©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

余談:

天一の女弟子に天勝っていう人が本当にいたんですね…!!びっくり。
浅草十二階にも登れたし、明治を楽しめたルートでした(*^^*)

©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

4.まとめ

めいこい 感想~後編~

でした!

明治の文化人はあまり興味がなかったんですが…
めいこいで興味を持って、かつ好きになれたのが良かったなあと思います。

ぜひぜひ、あなたの感想もおよせください♪

下のコメント欄でも、私のTwitter(@otomechan_nel)にリプでもOKです!お気軽にヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

ちなみに、他の4人は【めいこいPSPフルコン感想~鏡花・藤田・春草・鴎外~】で!(^O^)/
また、めいこい全体の感想記事は【めいこいレビュー・評価】こちらで!

では、ここまでお読み頂きありがとうございました!

当ページは、「明治東亰恋伽」の画像を利用しております。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。
©animelo/Dear Girl ©BROCCOLI

↓↓clickで応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
プラスメイト誘導

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

乙女ゲー歴10年以上のアラサー。「一人でも多くの人に乙女ゲーを知ってもらい、幸せの選択肢を増やしてほしい」という願いのもと、当メディアを運営中。 乙女ゲー以外にもRPG、シミュレーションなんでもござれ。ゲーム以外の趣味は旅行。聖地巡礼として外国・国内フラフラしてます。 日本語教師もやってます。