【百花百狼】感想!五右衛門・半蔵ルート(好きすぎて長くなった)

プラスメイト誘導
こんちゃす!

またも、落とすつもりが落とされた杉本(@otomechan_nel)です。

それが半蔵だったワケね
半蔵は、ホント、ずっこいよね…!!(*゚∀゚)五右衛門落とすつもりでこのゲーム買ったのになあ(笑)伏兵にまんまとやられたw
で、今回はその2人の感想をお届けするんでしょ。
イエス!

百花百狼

五右衛門・半蔵ルート

感想

をお届けします。

※蝶次郎・月下丸・黒雪は【百花百狼蝶次郎・月下丸・黒雪ルート感想~控えめに言って最高~】でお届けします。

お届けの順番は、私が攻略した順番です。

  1. (蝶次郎)
  2. (月下丸)
  3. (黒雪)
  4. 五右衛門
  5. 半蔵

※()内は上に紹介した別記事で。

ちなみに、攻略制限はないので、誰からでもいけます。

今回は「話の全容がわかりそうな子=キャラ紹介で一番最初に来る子」からやりました。でも、結果としてルート入ると展開違うのであんまり関係ないですね。

しかし、共通して言えることは「半蔵は最後にもってくることをオススメ」ということ!!!

なぜならば、個人的に百花百狼の醍醐味ルートだと思うからです!!!

ネタバレばっかりだから、未プレイなら気をつけて頂戴ね。

1.石川五右衛門

声優:緑川光

 

本当は半蔵から先にプレイしましたが、結局

半蔵バッド→五右衛門バッド→五右衛門ハッピー→半蔵ハッピー

でクリアしました。

 

【第八章ぐらい途中】

五右衛門との旅、賑やかすぎじゃろ…月下丸はともかく、子どもまで…仕方ないけど。

五右衛門と二人きりを、もっと楽しませてください(笑)

てか、黒雪の修行の話を聞いてから、他のルートでの黒雪を見てて辛い…!!

ともあれ、五右衛門。
手ぇ繋ぐときも、恋人つなぎじゃなくて包み込む感じなんが、かわいいよね。

夫婦として一緒の布団とか、祭りのくだりとか、「自分から嫁に貰いたいなんて言ったのは初めて」とか、色々あるけど。

二人きり感がない上に、多分ここから、殺伐とした旅になる気がして…どうにか五右衛門と二人旅にならないかなあ(笑)

【第十一章ぐらい】

添い寝イベントやっべぇーなおい!!!あのスチルよすぎる。

あともう一枚差分作って、ぎゅー添い寝スチルも欲しかったです。誰かかいて(笑)

桜のスチルもだし、添い寝もだけど、五右衛門が頭撫でてくれるの嬉しい(*´ω`*)

安心できるよね。

半蔵とはまた違う安心感。甘えられる。

そして半蔵と五右衛門、月下丸で埋まる画面。

眼福ッ…!!!!!

五右衛門が昔は弱いというか、囮役とかやらされてて、骨折・脱臼繰り返しながら修行してて…

なんか、もう、その頃の五右衛門をぎゅってしてやりたいぜ…!!

大丈夫だからね、って。

なんか、五右衛門の優しさと、強さは、見てて時々切なくなるものがあるね。

【バッドエンド】

最後、淀が乱入して。あっという間に主人公が死んだから、何か、よくわかんなかったけど(笑)でも、五右衛門が泣いてたから悲しかった。

夢幻操葬の術が、なんともいい演出でした。

甲賀のみんなが死んだ当たりから「これいつ夢オチになるの?」って進めてたんだけど(笑)

静かにみんな死んでくし、「え??」って。

もちろん、五右衛門が「何か考えてた」のは分かったけど、でも「何を考えてるか」まではわかんなくて。

五右衛門は優しいから、どこまでも優しい人だから、嘘を突き通すことができないというか、意味なく嘘をつかないし。

主人公の気持ちもよくわかるよ、楽しかった思い出があるから、余計にね。信じたいって思うよね。わかる。

【ハピエン】

いやー天下の大泥棒・石川五右衛門!って感じの展開でとてもよかった!!

クリアお祝いに五右衛門パスタいかなきゃ(笑)

花火のくだりも、みんなでワイワイ五右衛門に変装したのも、お金をばらまいたのも。

五右衛門らしくてよかったー!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

五右衛門ルートも、みんな生きててくれたし、よかった。

五右衛門ルートは、五右衛門らしい生き方や考え方がクローズアップされてて、うまいなーとおもったわ。

蝶兄ルートだけ、一番最初にやった&みんなが死にまくったからか、蝶っていうより「忍び」ルートっぽかったんだよね。そういう意味ではキャラ付が一番オーソドックスで、王道とも言えるんだけど。

最後、押し倒しスチルは、あれは、部屋の中…だよね?周りに他の子たち寝てない…よね?

あそこで五右衛門が「余裕がない」とか言い出すからエロいエロい(笑)やめてー囁きやめてーエロいからーー\(^o^)/

キススチルもあってよかった。添い寝も床ドンもいいけど、やっぱキススチルほしいよね。

どんだけ演出でみせてくれたとしても、そのスチルだけはほしい。

五右衛門に「夫婦になってほしい」って言われたのも嬉しかったなあ…あれはキュンとくる。旅の最初の頃、兄妹に思われてたのが懐かしい(笑)

ともあれ、五右衛門はどこまでも優しくて。強くて。かっこよくて。包容力の塊。

半蔵とはまた違った良さがあるな、これは、完全に。

表情も時々、すごい切なそうな顔するから、ごめん…って思いながらやってたよね(笑)あの五右衛門の顔は見るに耐えない…。

【おまけ】

いつの間にか石田三成からの報酬が三千両になっていた(笑)

五右衛門、勝手に報酬アップさせても、三成はくれないと思うよ(笑)

2.服部半蔵

声優:津田健次郎

【第七章まで】

ここまでやって、「この人最後にしたら良かったかも…」という若干の後悔(笑)

→結局半蔵のバッドやって、五右衛門フルコンして、最後に半蔵のハピエンにしましたw

だってだって!!

半蔵の笑顔が良すぎるんだよ!!!!!

んで、半蔵、最初は笑顔が一言分だったんだけど、段々長い間笑うようになってきて。

すごい嬉しい(*´ω`*)

二言三言、ずっと笑ってくれてるのとか。

「目が優しい」って主人公はいうけど、口元の笑みがもう、いや、それで笑ってるの判断してるけどさ。

あとちょっと眉がハの字になるのも、すげぇかわいい。何この子。

このあと殺伐とした展開になるのかもしれないけど、でも、今のところは、とてものんびりしてるし、誰も死んでないし心穏やかです。好きです半蔵。

ここまで蝶兄→月下丸→黒雪とやってきて、ずっと気を張ったような状態で…ここにきて半蔵の安心感。お前を死なせはしないっていう安心感。守る、じゃないからね。

主人公も気づいてよかった。「アチシ、守られるのが当たり前になってる( ゚д゚)ハッ!」って(笑)そやで、お前は守られ過ぎなんだよ(笑)

家康が半蔵に信頼がどうのっていってたのは、どうなのかな。主人公を守れって言ったのはそういう気持ち的なところの変化も含むのかな。

半蔵の場合、そういうのが弱みになりそうだけど、それをも乗り越えるのが半蔵かな。かっこいい。最強の名をほしいままにするね。

【修行に付き合ってもらえるようになった】

話が進んで、直接稽古をしてもらえるようになった!

この二人の旅…今までで一番穏やかで、そして主人公が強くなっていくのが感じられて、このゲームの真ルートだったりするんじゃないかと思い始めた(笑)

半蔵が笑ったり、ちょっと困った表情をするときも増えたし、冷たい視線も減った。

半蔵に認められて、稽古つけてもらったりするのがすごい嬉しいね!!これ。

その意気や、よし。

この言葉も好き。薄い本で半蔵×主人公ギャグ漫画のタイトルとかになってそうだけど(笑)

主人公が「おかえりなさいませ」って言ったとき、半蔵が「…なんだ今のは」って割りとびっくりしてたのが可愛かった(笑)言われたことなかったんだろね(笑)

「おかえりなさい」という言葉に違和感を覚えた…なぜ覚えたのか、それについて考えてくれると、とても嬉しいんですけどね?半蔵さん?(笑)

【甲賀の忍びが追ってくるまで】

はいー甲賀が動き始めたよー!どうか気づいて半蔵。

ってことで、雨に濡れて、半蔵から後ろ抱きしてもらったんだけどおおぉお!!

やばっ。あのスチルの半蔵の腕のたくましさ、エロ過ぎる。なんやのあれ。髪下ろすのもエロい。

髪をアップにしてた印象なかったけど、あーやってなるとね!!!エロい。

そして五郎さんに捕まって助けに来てくれたときに焦ってるわ、無事で良かったって無意識にハグされるわ、もーーーー!!!!!

なんなの!??\(^o^)/オマエら!!!

幸せオーラ出してんじゃねええぇ!!(笑)

ぎゅーばっかやん!!

背中を預けられる存在ってヤバイ。

しかも?しかも?風魔とたたかったとき、徳川忍組の精鋭でもあそこまでの動きはできない、って、主人公強くなりましたね…!!

五郎さんにも褒めてもらったもんね。内面も強くなったって。

そしてこの心配そうな顔である。

半蔵、二月主人公と旅をしてきて「あの娘の気持ちがわからん」って、分かろうとしてることがまず嬉しいよね。

そのあと半蔵自身が言ってるように、忍びに憶測は不要なんだよ。

そういう無駄なものを一切合切、切ってきて、生きてきた半蔵が、だよ?

主人公のこと考えてるって、そりゃあもう嬉しいじゃないですか!!!

【バッド】

バッドに行くよう、選択肢選んだはずなのに、どんどん二人は仲良くなってくし、お互い好きっていう気持ちに気づくし、(その気づき方もとても良かった)

あれ?バッド入ってるよね??

と、不安になりながら進めていくと……

半蔵に「槐を殺せ」との命令が。

そうだよな、そうだ、そういうパターンがあった。見抜けなかった自分が情けない。すまん、半蔵。

そこまでもね、半蔵ルートの槐は非常に凛々しくてよかった!!

生き抜くっていうことを、強く決意してて。かっこよかったよ。

ルートによってここまで性格変わるってのもすげえ(笑)

そして、月下丸が言ってたけど、月下丸たちといたら、こうはなれなかったんだよね。半蔵が変えたんだよね。

だから、半蔵ルートの役割は、みんなを生かすことと、主人公を成長させることだったんだと思う。

よかった。素晴らしく良かった。

 

さて、バッドだが。

バッドがバッドに感じなかった。あり得たなっていう世界線を見せてもらえた。

他のバッドも確かに可能性としては存在するんだけど。

違和感とまでは言わないにしても「バッドだなー」っていう。バッドを作ろうと思ってバッドにしてる感じがあった。

でも、半蔵ルートの場合、これ、バッドっていうよりも、「あり得た未来その1」っていうレベルだな、と。

なんていうか、バッドなんだけど、バッドに思えない。それぐらいに、二人が死を選んだのが自然。なんの不思議もなかった。

それは、ここまで二人が生き抜いてくれて、しかも、半蔵が槐の気持ちに応えて殺さないようにしてくれてて。そういう状態だったわけだ。

でも、半蔵はここまでずっと「忍び」だったわけだから、主の命に背いたり任務に失敗することは、イコール死なわけで。

槐もそれを選ぶ半蔵だからこそ好きになったんだよね。

だから、徳川忍組を退けた後、半蔵に引導を渡そうとまでした。もうね、ここはほんとに強くなったなと思う。かっこいい。槐。

そして、半蔵が死んで、その後を追うわけだけど。それを選ぶのは至って自然。

他のルートだと二人が一緒に死んだり、「相手が死んだから生きていけません。だから私も。」って槐が後を追うことはあったんだけど。

確かに、今回も後を追うパターンではあったけど、支えを失ったからというよりも、槐が変わって、「生きたい」という気持ちになった元が半蔵だったわけで、主人公が生きてる動機だったんだよね。

他の場合は、そういうこともなくて、ただ仲間に攻められたりして、で、寄りかかってたり、支えだったりしてた相手も死んじゃって…っていう状況。支えがなくなった感じね。

そこが根本的に違うんだよね。

  • 半蔵のときは、生きる目標がなくなった。
  • 他のルートは、自分を生かしてくれてた支えがなくなった。

っていう印象。

宿で泣かせてくれたのもやばかったし、槐って呼んでくれたのも嬉しかった。

半蔵が、ほんとにころころ表情変えるようになって…不敵な笑みだったり、ハの字だったり。あーもー良すぎる。

半蔵好きすぎる(笑)これ、完全に五郎さん超えましたわww

半蔵のバッドやって、思いの外きれいな感じに終わったので。

ハピエンに未練なく、五郎さんに入れます。

五郎さんやったら、半蔵のハピエンで終わりとしましょう。あーとにかく名残惜しい……

D3,やればできるじゃないか(笑)REDのおかげかな

【ハピエン】

えーと、家康の命令に背いてからの風織と戦って洞窟いって。

「一緒に」
「生きるか」

って呼応してくれたの、もう、嬉しすぎて「へっ!?」ってなったよね(笑)

そのあとちゅーの嵐!!ふぉーーう!!щ(゚д゚щ)

やるねぇ、やるねぇ、半蔵さんよぉ(悪人

エロい!渋い!!かっこいい!!!

このあと絶対やったよね、と思ったけど、半蔵怪我しまくってたわw

もー何この人。

角度変えてのちゅーはあかんて。エロいから。キスの仕方今回の5人の中で一番エロくて、一番回数多い!!!

あれだね、堰が切れたようにとはこれのことだ。

男ですなぁ、半蔵も!

ま、彼の場合は興味がないとかそれ以前の問題だったんだろうけど(笑)

半蔵が、生かすことを選択してくれて。

で、何度も繰り返すように「生きてほしいと思ったのはお前だけだ」ってやつ。

ってーことは、甲賀のみんなとかは別に死んでも良かったんだよね。それでも、槐のために生かしてくれた。自分が怪我をしても生かす戦いをしてくれた。

それも愛の証ですよね…ふふ。

半蔵も槐も、生かしたがために負った怪我のあと、宿で、自分の気持ちに気づいてたけどね。自覚したのはそこでも、半蔵が「生かす」という選択をした時点で、それはもう、槐への気持ちの表れだと思うよ。

確かに、五右衛門はキュンとするエピソードとか、添い寝のシーンとか、王道にニヤニヤできるところたくさんあったんだよね。

五右衛門自身も包容力の塊だから、頼れるしあったかいし、寄りかかりたくなるし。

けど、乙女ゲー的王道なキュンポイント…ではないけど、「半蔵」というキャラがあるからこそ「あの半蔵が!!!」みたいな感じで燃える(萌える)んだよね。

最初がマイナスとは言わないけど、若干の近寄りがたさがあるから、余計にそう感じるんだろうな。

半蔵がやるからキュンとする。

カタクリの話とか、他愛のない会話、草笛の話、家康の命への裏切りと忠誠……

そして、ひと月後の再開。

これ、多分五右衛門がこんな感じのルートだったら、またそれはそれで違うんだよね。

やっぱその子だからこそ「魅せられる」場面になるわけで。

なんて言えばいのかなぁ、自分のボキャブラリーが貧困過ぎて(笑)

半蔵ルートの良さは

  • 認められるようになる
  • 主人公の成長
  • お互い背中を預けられる存在に
  • ぶっきらぼうな半蔵が徐々に打ち解けてくれる
  • 助けに来て焦ってくれる
  • 無事でよかったと安堵してくれる
  • それまで徹底的に従っていた「忍びとして」の生き方に背き、主の命に従わず、生きてほしいという思いを貫いてくれる
  • 槐を愛しいと思う気持ちの大爆発
  • 主の前でちゅーしちゃう(*´艸`*)
  • 休まず、ひたすら槐のもとを目指して進んできてくれる
  • 抑えがきかない、止められないとかエロいです。
  • ひと月の間、ずっと槐のこと考えてくれてる
  • 死ぬことになんの抵抗もなかったのに、生きることを選んでくれた

…なぞってみたけど、こんな感じかなあ

半蔵の誠実さと、槐を大切にする気持ち、

なにより、お互い支え合えるってのはいいよね。

黒雪とか、蝶だと頼って感が強いからな。

いやーしかし顔赤くしてる半蔵、くっそかわいいな。お前それで33かよ!(笑)

こんなにかわいい33がいてたまるか(笑)

半蔵みたいな人…いないかな…

この人のルートは、想いを寄せ合う過程がとてもよくわかったし、体感できたのでよかったです!!!

ありがとうございます!!!

半蔵、好きだ!!!!!

(正直、半蔵ルートに関しては、ぜんっぜん語り足りないんですけど笑)

まとめ

以上、百花百狼 五右衛門・半蔵の感想でした!

引き続き、【百花百狼蝶次郎・月下丸・黒雪ルート感想~控えめに言って最高~】もお読み頂けたら嬉しいです♪

では、ここまでお読み頂きありがとうございました!

百花百狼の他の記事もドウゾ★

『百花百狼』声優&amazonレビューまとめ&攻略サイト徹底紹介

【百花百狼フルコンしたので評価・レビュー~忍び好きならプレイ必須~】

当ページは、株式会社ディースリパブリッシャーの「百花百狼」シリーズの画像を利用しております。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。
株式会社ディースリー・パブリッシャー

↓↓clickで応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
プラスメイト誘導

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

乙女ゲー歴10年以上のアラサー。「一人でも多くの人に乙女ゲーを知ってもらい、幸せの選択肢を増やしてほしい」という願いのもと、当メディアを運営中。 乙女ゲー以外にもRPG、シミュレーションなんでもござれ。ゲーム以外の趣味は旅行。聖地巡礼として外国・国内フラフラしてます。 日本語教師もやってます。