遙か6高塚梓は黒龍の神子である必要があったのかを考える

オススメアプリ
こんちゃす!

遙か6の黒龍の神子設定にはワクワクしてた杉本(@rs1615)です。

シリーズ初だものね。発売前から話題だったわね。
そう!今回は・・・ 

さて、では発売から2年以上経って今更ながらに

遙かなる時空の中で6

黒龍の神子設定は必要だったのか

ということに迫ります。

自己満足記事ね。
そうおっしゃらずに。では、ドウゾ!

※「遙か6」本編のみの考察です。ロンド未プレイ。

1.黒龍の神子である必然性は・・・?

黒龍の神子である必然性は「弱い」

今回シリーズ初の黒龍の神子主人公でしたが…正直、それでなければいけないという要素は少なかったようにも思えます。

おさらいしておくと遙か6の中で、黒龍の神子としての力がどう使われていたかというと…。

  • 怨霊を倒し「陰」の気を集められる
  • 「陰」の気を銃弾にし、戦うことができる
  • 怨霊の使役・招霊ができる

ということでした。

これまでの遙かではそこまで強調されていなかったと思うのですが…主人公ということもあり、遙か6では「黒龍の神子=陰」という図式が強く打ち出されています。(初代、2は軽くプレイしただけなので、私が認識していない可能性もありますが)

歴代、黒龍の神子は

  • 陰の気を司る
  • 先に決定するのは黒龍の神子
  • 怨霊の穢れに強いので八葉がいらない

という性質を持っています。

今回、梓もそのような性質をもって、遙か6世界で生活をしていました。

反対に、「白龍の神子=陽」となっており、千代は作中でも陰の気が強い場所では弱ってしまうような場面も見られました。
もともと、千代は体が弱いという設定だったのでそれも手伝ってはいますが。

さて、話を戻して。

では今回「主人公が黒龍の神子だから解決できた」場面やエピソードがあったのかというと…決定的シーンは特になかったかなとと思います。

先ほど述べた

  • 黒龍の神子だから陰の気に強い→八葉無しでも怨霊と戦える・陰の気がたまっていても(瘴気があっても)耐えられる

ということはありますが、歴代の白龍の神子たちもそのあたりは乗り越えてるので。ちょっと理由としては弱い。

遙か6世界では怨霊の陰の気が他の遙か世界よりも強くて、禍々しくて…なんていうこともあるかもしれませんが、作中からそれを感じられる部分は特になかったように思います。

(と、いうよりも今ふと思いましたが、「遙かシリーズ」の「遙か世界」は一応繋がってるんですよね。
それぞれのナンバリング世界がそれぞれの時空に存在するのではなく。当たり前すぎて考えませんでしたが(笑)
そうなると、怨霊の陰の気の強さが云々という可能性は低そう。むしろ初代や2が一番強そう。時代的にも)

しかし、それでは面白くないので(笑)

「黒龍の神子である必然性」を考えてみます。

2.主人公が「黒龍の神子である必然性」3つの理由

私が(無理やり)考える黒龍の神子である必然性は3つ。

  • 八葉がいなくても戦える(異世界に一人で飛ばされるため)
  • 鬼サイド・帝国サイドどちらにもつける存在にするため
  • ダリウスのため

一つひとつ見ていきます。

2-1.八葉がいなくても戦える(異世界に一人で飛ばされるため)

まあ、これ2の主人公に言わせたら「は?」って感じなんですけど(笑)花梨ちゃん、単独召喚されてる、唯一の白龍の神子なので。

クリックで公式サイトへ

今回、遙か6では梓は帝国軍(星の一族である九段の指示)によって召喚されました。で、そこをダリウスたち鬼の一族に攫われてしまう…と。

ダリウスは最初に召喚されるのが黒龍の神子で、黒龍の神子がどういう存在か知っていたので、梓にもそれを告げています。

と、いうことで梓は遙か6世界によばれた時点で「戦うこと」が定められていたわけで。

よって、「戦える神子」である必要があったと。

なので、(八葉無しで)一人でも怨霊に対抗できる=黒龍の神子にしたのかな、と。

しかし、これ書いてて思ってますがかなり弱いですね(笑)

先述したように、2主人公の花梨ちゃんは八葉などの味方がおらず、単独で召喚された“白龍の神子”ですからね。

梓が黒龍の神子である必然性には程遠い・・・。

2-2.鬼サイド・帝国サイドどちらにもつける存在にするため

ダリウスが求めていたのが「黒龍の神子」なので、これで鬼サイドにはいけるわけです。

白龍の神子には用がないから、鬼サイドには行けない…。

と、なると梓が「白龍の神子」だとできないことが出てくる。

そして、神子ではあるから(帝国サイドである九段は求めていたのは「神子」なので)帝国サイドにも行ける理由は十分にある。

一番最初の理由よりは有力かなと(笑)

ただし、この鬼サイド・帝国サイドどちらも行けるのは成り立ちの順序が逆だと思うんですよね。

多分、先に「主人公は黒龍の神子」という案が確定になっていて。

じゃあ、周りのキャラクターは…って固めていくと…

  • 黒龍の神子を必要とするのは?→鬼(ってかダリウス)
  • 神子を必要とするのは?→帝国(星の一族である九段)

じゃあ、周りのキャラは鬼と帝国軍だよね・・・って感じなのかなと。

コレで考えると、鬼サイドにも帝国サイドにもいけるのは「黒龍の神子」設定ありきの状況かと思います。

なので、必然性としては弱い。

2-3.ダリウスのため

これが一番有力(笑)

とはいっても、これも上の理由と同じで先に「黒龍の神子」設定ありきだとは思いますが。

ダリウス以外のキャラはぶっちゃけ梓が黒龍の神子じゃないと救えないか、恋愛できないかというと・・・

そうではないと思うんですよね。

仮に、梓が白龍の神子で千代が黒龍の神子だったとしたら、帝国サイドに二人の神子がいて、九段的には万々歳な展開で…。あれ、これはこれで面白そう(笑)

と、いうのはおいといて。

帝国サイドの人々にとって、梓は白龍の神子でも全く問題無しなので、ここに黒龍の神子である必然性はありません。神子である必要はあると思いますが。

有馬と秋兵は梓が一般人でもいけるかな。

九段は神子じゃないとだめですね。一般人だと接点がなさすぎるので。でも黒龍の神子である必要は無し。

村雨も…神子じゃなくてもいけるけど、梓である必要はあるかな。

では鬼サイドはどうかというと。

コハクと虎は白龍の神子でも一般人でもOK。彼らは鬼サイドにいるものの、鬼としてのストーリーというより、個々人のストーリーになっているので、そこに「黒龍の神子」要素はなくてもストーリーは進みます。

で、最後にダリウスとルード。

ルードも鬼の一族の一員として動いているので、黒龍の神子の方がいい気がしますが。でも、彼のストーリーはダリウスの野望(=帝国軍に復讐する)を通して展開されていくので、「ダリウスの野望」ありきだと考えます。そうなると、本当にルード個人に的を絞ると、黒龍の神子でなくても何とかなるわけです。骨董品屋の娘でもいいし、市場の娘でもいいわけです。

さて、ではダリウス。

公式サイト

彼は「黒龍の神子」を求めていて、彼の野望は白龍の神子では彼の願いは叶えられないんですよね。破壊の力が欲しいわけですから。

と、なると、もう梓ちゃんは黒龍の神子じゃないとだめだと。

という個人的見解ですが、どうでしょう(笑)

結果論的ではありますが、初代・2では地の青龍と黒龍の神子が繋がりがあったので、そのへんも考えてるのかなーとは思います。

遙か6は一応八葉がいない設定なので(途中で結局八葉として、個々人に地位を与えてますが)ダリウス=地の青龍として考えて物語を追っていくのは浅慮ですが;

3.まとめ

以上、

遙か6主人公が黒龍の神子である必要があったのか

についてでした。

私の結論としては、

  • 必然性は弱い
  • 無理やり考えるとするなら、ダリウスのため

です。

ま、話題つくりも必要ですからね! 
身も蓋もないわね。
大人の事情ってヤツですよ。

では、ここまでお読み頂きありがとうございました!

次の記事でお会いしましょう♪

 

当ページは、株式会社コーエーテクもゲームス、開発ルビーパーティーの「遙かなる時空の中で6」の画像を利用しております。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。

恋乱イントロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です