vitaminシリーズをやるか迷ってるあなたへ!vitaminにハマれるタイプ・ハマれないタイプ

こんちゃす!

vitaminシリーズはX,Z,R本編3作とFDを遊んでどっぷりハマった杉本(@rs1615)です。

衝動買いがスタートと思えないハマりっぶりね。
それぐらい面白かったのよ!

ですが!

有名な作品だけど自分に合うかなぁ…。
普段ノベルゲーしかやらないんだけど。

そんな不安な乙女たちにおくる!

『vitaminシリーズ』

プレイをオススメしたい3タイプ

プレイを避けた方がいい3タイプ

これを読んで、vitaminと相性がよさそうなら、ぜひプレイしてみてくださいね♪

反対に、あんまり合わないかも…というあなたは、他のゲームをたっぷりと遊びましょう!

では、参りましょう!

Vitaminシリーズとは?

D3パブリッシャーが出している乙女ゲーム。
vitaminXからはじまり、vitamimZとvitaminRの他、FDや移植リメイクも数多く出ている。

詳しくは
vitaminシリーズどれをやればいい?全作品の違いを全力解説!

をご覧ください。

1.ぜひプレイしてほしい3タイプ

vitaminシリーズをぜひ!プレイしてほしい3タイプはこちら!

  1. ノベルゲームはもう飽きた
  2. 最初から相手を選べるタイプが好き
  3. 主人公が多少ミーハー気質でもOK

ひとつひとつ細かく見ていきましょう。

1.ノベルゲームはもう飽きた

「世界を救うのはもう飽きた」

そんなキャッチコピーで売り出したゲーム(※1)がありますが!

まさに、vitaminシリーズは

「選択肢で自分の性格を変えるのにもう飽きた」

と、いったところ。
うーん、うまくない(笑)

vitaminシリーズは、ゲームシステムが秀逸で、攻略相手である生徒の発言に「ツッコミ」or「スルー」のコマンドで対応します。

vitaminX

生徒のおバカな発言にツッコミをすればstudyパラメータが、スルーをすればLoveパラメータがあがり、最後はそのパラメータによってエンドが分岐します。

このおバカ発言、どういうものかと言うと……

有名なところで言えば、vitaminXに出てくる仙道清春(cv.吉野裕行)の

「壁に耳あり障子にメアリー」

という発言。

これはもちろん

「壁に耳あり、障子に目あり」

の間違いなので、ツッコミかスルーを!

こんな感じで生徒たちのミスを見つけて、先生として正していくのか、愛で見逃すのか…そこはあなた次第です。

ツッコミorスルーのポイントを全部見つけるのは結構難しくて、絶対1,2個見逃しちゃうんですよね…目を皿のように、とはよく言ったもんですけど、そんな感じで探しても見つからない。
そこがまた、やりがいにも繋がるポイント。

あとは、PS2、DS版だとstudyパラメータを上げると立ち絵でキャラがメガネをかけたり、大工のように鉛筆を耳に挟んだりしだします(笑)

残念ながらPSP版ではその仕様はないんですけどね…結構面白かったのになーあれ。乙女たちから可愛くない!って苦情でもきたのかな(笑)

ちなみに、ツッコミorスルーはvitaminシリーズ共通のシステムなので、どれで遊んでも体験できます。

※1・・・アトリエシリーズのキャッチコピー「世界を救うのはもう飽きた」

2.最初から相手を選べるタイプが好き

vitaminシリーズは、1人の生徒を1年間付きっきりで見ていくストーリーなので、最初に誰の担当になるかを選べます。

好感度の上げ下げをして、ルートに入る必要はないので安心してゲームを進められます。

それに、このタイプだと攻略キャラのことをより深く知ることができるので、最初興味がなくても最後にはなんだかんだ可愛く見える…という(笑)

好感度上げてイベント起こすのもスキですけど、

「好感度足りない!!」

「どっからルート分岐!?」

「個別イベント逃した!!」

とかにはならないので、楽ですね。

3.主人公が多少ミーハー気質でもOK

私は全然気にならなかったんですが、他の乙女たちのレビューを見ると、よく見かけるのが「主人公がミーハー」という点。

公式でも「イケメンに弱い」といっているので、もはやデフォルトではあるんですが。

vitaminX Destination

確かに、攻略相手に心の中とは言え、惜しげもなく「カッコいい!」とか言うし、「整った顔が近づいてきて…」ぐらいの独白も入ります。
「そうなんだけど、先生っていう立場としてどうなの?」ってなるみたいですね。

最終的に生徒と恋愛するゲームなので、その時点で先生がどうとか、関係がどうとか言ってられませんが(笑)

ミーハーなところもありますが、先生としては生徒に真正面から立ち向かっていくし、相手がどんだけイケメンでも「現実でこんな対応されたらキツいだろうなー」というところでも、一生懸命なのは見ていて応援したくなりますね。

新品のスーツぐちゃぐちゃにされたら、流石に怒り心頭ですよね…(#^ω^)おこ。

主人公のいいところは、全力なところ。そして、前向きでへこたれないところ。

怒るときは怒るし、生徒がツラいときには一緒に泣いたり。
そんな全力な先生だからこそ、生徒たちも心を開いたんだろうなー。

マジであれはリアルにいたら無理。

あとは普通におバカ相手とはいえ、高校生相手に何教科も担当していくのはすごい…。

自分も塾講師として教えてたときありましたけど、高校生相手はやっぱ大変。

以上、「ぜひプレイしてほしい4タイプ」のご紹介でした!

どれか一つでも当てはまったら、ぜひ、vitaminシリーズで遊んでみてください♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

胸キュン乙女コレクションVol.6 VitaminZ Revolution
価格:1846円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

胸キュン乙女コレクションVol.13 VitaminR
価格:1846円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)

 

ここからは、「vitaminシリーズはあまりオススメできない3タイプ」のご紹介です。

せっかく遊ぶなら楽しくプレイしたい!

でも、合う合わないはやってみないとわからない…。

プレイ前に下の項目をチェックして、ミスマッチを避けておきましょう♪

2.プレイはオススメできない3タイプ

vitaminシリーズが合わない3タイプは、以下の通り。

  1. 「テスト」「勉強」のワードが無理
  2. 周回プレイはしたくない
  3. ノベルゲー至上主義!

では、ひとつひとつ見ていきましょう!

1.「テスト」「勉強」のワードが無理

vitaminシリーズは、先生と生徒が恋愛する学園もの。

学校といば、勉強がつきもの。

と、いうことでvitaminシリーズはFDを除くと、すべての作品で中・高レベルの「問題」が出てきます。

各章の最後には試験があり、それも全教科(国・社・数・理・英)からランダムに出題され、点数によって見られるオマケエピソードが変わってきます。

勉強とか無理!!
いくらゲームでも、試験とはちょっと…。

と、いうあなたはvitminシリーズはちょっとツラいかも。

数学がとにかく嫌いだったんですけど。しかも二次方程式を時間制限付で解けとか言われると、焦る焦る(笑)

でも、何回かやれば慣れるのと、「この問題前も見た」と、答えを覚えられるようになってきます(笑)
PSP版では確か、一度正解した問題は答えがわかるような仕様になっていた…ハズ。

あとは、正解すると生徒たちも喜ぶし、先生にも褒められるし、こっちとしても嬉しい(笑)

2.周回プレイはしたくない

先にも紹介したように、vitaminのシステムとして「ツッコミ」or「スルー」というのがあります。

これによりstudyパラメータかLoveパラメータを上げていき、エンディングを目指します。

乙女ゲームに慣れているとピン!と来たかもしれませんが…エンディングは3種類です。

  • studyパラが高いエンド
  • Loveパラが高いエンド
  • どちらも高いエンド

この3つを制覇するためには、少なくとも3周する必要があります。

しかも、vitaminの話は4月から3月の1年間なので、1年を3回。
(攻略サイトをみつつやれば、まるまる1年間やり直さなくてもなんとかなります)

もちろん!
スキップ機能はついてるので、周回プレイ自体はサクサクできます。

それでも、他の乙女ゲームでは終盤の好感度調整でなんとかなるものがあると考えると、ちょっとめんどくさいかもしれません。

攻略サイトを見ないで周回プレイをしようとすると、studyとLoveパラどちらも高いエンドがわりとネック。

ですが!

たどり着けたときの喜びはデカい!!

そして、他の乙女たちは周回プレイのときにスキップしまくって、「どういう展開だったっけ?」ってなったりしないのかな…?
話が長いと「今どの場面だ?」ってなることがあるのは私だけかな(笑)

vitaminは一応月ごとで章の区切りになってるので、周回プレイも8月から始めるとか途中の月からもできます。

けど、結局最初からやったほうが早い!ってなる(笑)やばい、攻略下手なのバレる(笑)

3.ノベルゲー至上主義!

ノベルゲーが好きだ!
ノベルゲーを愛してやまない!

そんなあなたはvitaminは合わないかも。

vitaminはただ物語を読んで選択肢を選ぶだけでなく、「ツッコミ」or「スルー」で攻略対象の生徒たちの発言に愛のムチをいれるシステム。

加えて、バスや電車の中でカチャカチャやるにはちょっと不向きです。(え、公共の場でやらない?)

合間の時間や寝る前の読書的に乙女ゲーをプレイしている場合は、他のゲームをおすすめします。

とはいえ、ボタンを押すだけなので「作業がある乙女ゲームを初めてプレイする!」という人にはオススメしたい作品

実際、普段ノベルゲーしかやっていない友人に薦めたら、どハマりしてくれました。

いくつ変な発言があるかは章をクリアすれば分かりますし、そこまで血眼になって探すほどのものでもないので(一部そういうのもありますが)、気負わずに楽しめますよ。

ただ、絵柄が苦手と言われてしまうとそれまでですが……「パースが!」「あり得ない体の向きしてる!」とか気にならなければ乗り越えられます。

あとはキャラ萌でカバー。

まとめ

以上、『vitamin』シリーズをオススメしたいタイプ、オススメできないタイプでした!

簡単に内容をまとめておきましょう。

ぜひプレイしてほしいタイプ

  • ただのノベルゲームに飽きた
  • 最初から相手を選べるタイプが好き
  • 主人公が多少ミーハー気質でもOK

プレイはオススメできないタイプ

  • 「テスト」「勉強」のワードが無理
  • 周回プレイはしたくない
  • ノベルゲー至上主義!

購入前に自分に合うかどうか確認して、時間を無駄にしないようにしたいですね。

そして、「合う!」と思ったら全力で楽しんでください♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

胸キュン乙女コレクションVol.6 VitaminZ Revolution
価格:1846円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

胸キュン乙女コレクションVol.13 VitaminR
価格:1846円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)

 

では、ここまでお読み頂きありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

当ページは、株式会社ディースリパブリッシャーの「vitamin」シリーズの画像を利用しております。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。
株式会社ディースリー・パブリッシャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です