『1本のゲームが私の人生を変えた』終章

「ゲームは時間の無駄」

「ゲームは悪影響」

「ゲームするぐらいなら本を読め」

「ゲームをやるとバカになる」

 

こんな言葉を何度聞いただろうか。

ゲームに支えられ、生き方さえも変えてきた私にとって、それらの意見は、反論を唱えざるを得ない。

 

「いやいや、やってみろって」

「変なバラエティ番組みて、思考停止してるよりよっぽど有意義だから」

「ゲームがなかった世代の意見でしょ」

「本読めっていうけど、下手な本よりよっぽど感受性豊かになるわ」

 

と。

しかし、同時に同意もしたくなるのだ。

 

「キャラのレベル上げた時間は、戻ってこないし、自分のレベルが上がるわけじゃない」

「目は悪くなるし、ゲームだけやってると運動能力も落ちる」

「コミュニケーションが下手になる」

「プレイしたゲームの全部が全部ためになるかと言われれば、NO」

 

私は、ゲームであれ、スポーツであれ、なんであれ、2つのことが言えると思っている。

 

  • 過ぎたるは猶及ばざるが如し。
  • いい面も悪い面もある。

 

ゲームやるぐらいならスポーツを、という親は多いだろう。

確かにスポーツは体作りにもなるし、筋力が付けば精神的にもいい影響がある。

集団スポーツならコミュニケーションを取る練習にもなる。

 

しかし、やりすぎれば体を壊すし、

怪我で一生動けなくなることもあるだろう。

 

確率が低い?

しかし可能性がある限り、ゼロではない。

 

ゲームも同じ。

クリアしたという達成感を味わえるし、特に強敵のボスを工夫してなんとか倒した時の達成感といったら。

一本の映画を見ているような壮大な物語もあるし、考えさせられることもたくさんある。

そして、私がそうだったように、辛い毎日や悲しい現実から救ってくれることだってある。

 

もちろん、悪い面もある。

やりすぎれば、子どものうちは成績が落ちるだろうし、スポーツが苦手になるかもしれない。

レベル上げの時間は一生戻ってこないし、そのゲームを辞めてしまえば「何のために使ったの?」ということになる。

 

つまりは、その人次第なのだ。

身も蓋もない結論だが。

何事もそうだろう。

 

私が影響を受けた才谷さんの一言だって、

他の人からすれば、なんてことない、スルーする一言だろう。

 

そして、その人次第ということは、

ゲームにしろ、スポーツにしろ、【「選択肢」として持っておく】ということが大事だ。

使うか使わないかは、あなた次第なのだから。

 

辛いことを和らげるために、ストレス解消のために、人は色んなことをする。

あなたは何をするだろう。

 

お風呂にゆっくり浸かる。

好きな食べ物を食べる。

好きな芸能人・アイドルの写真集を見る。

好きな映画を見る。

好きな音楽を聞く。

スポーツをする。

友だちと話す。

カラオケで歌う。

旅行に行く。

たばこを吸う。

お酒を飲む。

寝る。

 

・・・まあ、あげたらキリがない。

そして、たった一つだけの方法に頼っていることも無いはずだ。

 

寝る前の隙間時間なら、好きな音楽を聴く。

翌日が休みなら、ガッツリ寝る。

天気がいいなら、外で体を動かす。

 

複数の方法を、状況に合わせて使い分けている。

 

そこで、私は提案したい。

 

その選択肢に、乙女ゲームをいれてみないか、ということを。

 

選択肢が増えるのは、癒やされる方法が増えるということと同じ。

だから、乙女ゲームだけに依存しろということではなく、

選択肢の一つとして加えてあげてほしい。

 

それは、

あなたを救ってくれる方法が一つ増えるということだから。

あなたが笑顔になれる瞬間が増えるということだから。

あなたが、「幸せだなあ」と思える時間が増えるということだから。

 

そのために私は、

ここで私を救ってくれた数々の乙女ゲームの情報を発信し続ける。

その中のひとつでも、あなたの心に留まって、

あなたの幸せの一助を担えたら。

 

それはまた、私の幸せとなるから。

 

 

これが、私が

おとめちゃんねるで、乙女ゲーム情報を伝えている理由であり、

運営理念。

 

どうか、

乙女ゲームが、

あなたの幸せの一つになりますように。

 

 

NEXT?