金色コルダの土浦梁太郎って文武両道のパーフェクトマンじゃね?っていう話

こんちゃす!

兄貴肌キャラは大抵好きになる杉本(@rs1615)です。

今回の土浦もまさにそれだな!
イエス!

ではさっそくいきましょう!

今回お届けするのは

金色のコルダ

土浦梁太郎のここがいい!&ここがちょっと残念

です。

土浦くんのいいところだけでなく、ちょっと残念なところも紹介し、それも含めで好きなんだよということを全力でお伝えしていく自己満足記事です(笑)

気になる項目があったら目次から飛んでくださいね♪

1.土浦梁太郎のここがいい!3つ

まず、ここがいいポイントを3つお伝えします!

  • スポーツもできて料理もできる
  • お互い切磋琢磨できる
  • 実は小学校が一緒

1-1.スポーツもできて料理もできる

公式サイト

サッカーもできるし家で料理も作る土浦くん。
そしてピアノも弾けて、試験の結果も悪くないどころか理系科目が得意…
まさに文武両道!なんだこいつは!!\(^o^)/

確かに、ピアニストとして指を大切にするなら突き指や擦り傷ができる可能性があるサッカーなどやめるべきかもしれません。料理だって、いつ何時指を切るか分からないですからね。

ピアニストが指傷つけるなんてもってのほか。

しかし!

そもそも、土浦くんは主人公と出会うまでピアノから離れていたし、最終的には指揮者を志すようになります。

指揮者は曲の表現を指揮する人。
その人が様々な経験をしていることで、表現の幅が広がります。

つまり、土浦くんのサッカーや、料理はすべて彼の音楽に繋がるんです。

そして、コルダの中で実は一番芸達者なんじゃないかと思います。

月森も音楽はできるけど、スポーツや料理は楽器を弾く関係でしないし。ゆえにできないし。
スポーツができる火原先輩は、勉強苦手だし。

音楽、スポーツ、料理、勉強……

すべてを兼ね備えているのが、土浦梁太郎という男です。かっこよすぎ。

土浦くんの料理エピソードといえば、きんぴらゴボウ。

現代の男子高校生に「きんぴらゴボウ作ったことある?」ってきいても、YESのひと1割もいないよ、絶対。

チョイスが渋い。

あとは、上に貼ったサッカーボールをかかとで後ろ向きにポーンと蹴るシーン。
こういうの見ても、身軽だなあって思うし。
あれってサッカーやってたらみんなできんの??普通なの?

体育大会でも火原先輩とリレーで競ってたし、やっぱサッカーやってると足速いんだなー。小学校まではそれでモテモテ(笑)
中学からは頭の良さでモテモテ。

でも、土浦くん、表情が「怖い」っていうので女の子から怖がられてたってのがあるからなー。
信じられん。なんも怖いとこないぞ。

1-2.お互い切磋琢磨できる

土浦くんは色んなことに向上心持ってるので、お互いいい影響を与えて、一緒に成長できる!

それなら、音楽面に関しては他の子でも一緒に成長できるのでは?
と、思うかもしれません。

以下の表をご覧ください。

  学科 楽器 音楽歴 家庭
主人公 普通科 ヴァイオリン 高校2年生から 一般家庭
土浦 普通科 ピアノ 小学生から? ピアノ教室
月森 音楽科 ヴァイオリン 幼少期から 両親ともに音楽家

「一緒に」成長するためには、同じ土俵、同じレベルにいることが重要だと思うんです。

例えば、同じヴァイオリンの月森や王崎は既に主人公より遙か上のレベル。だから、月森や王崎先輩だと、主人公を[引き上げる]ことになるんですよね。
これだと、主人公[だけ]の成長になります。もちろん、考え方の成長とかはありますけど(月森の場合、柔軟性というか)

じゃあ土浦くんはどうかというと。
主人公よりはピアノ歴も音楽歴も長いし、到底同じ土俵にいるとは思えないんですが。

彼の場合、以下の点が同じなんです。

  • 普通科であること
  • 主人公と目線を合わせてくれること

普通科であること

音楽科は音楽理論とか音楽史みたいな、特別な授業を受けてますが、普通科は普通の授業のみ。そのあたりの知識は土浦くんのほうが、多少知ってる程度のレベル。

実家がピアノ教室なので、人よりは知識があるでしょうが、音楽理論や音楽史を音楽科レベルで知っているような描写は特になかったかと思います。解釈の違いで他の人とぶつかることもありますが。解釈は作曲家の経歴や、その曲が作られた時代背景をどう汲み取るかによって変わるので、知識レベルとはまた違う部分だと考えます。

と、いうことで、土浦くんの知識なら主人公が追いつけないレベルではありません。
香穂ちゃんには妖精たちもついてますからね!(笑)

主人公と目線を合わせてくれること

土浦くんは、音楽に関して主人公と同じ目線で見ようとしてくれます。

火原先輩も割りとそれに近いんですけど、先輩の場合はわんこみたいに「ほら、早く行こう!!」って感じで、自分の好きな方向にひっぱるタイプ。

土浦くんは、一緒に隣を歩いて、でもちょっとリードしてくれる感じだと思います。

例えば土浦くんの「頼るなら、俺にしとけよ」というこの言葉。

公式サイト

兄貴肌の土浦くんらしい言葉。

土浦くんがこの言葉を言った意味とは何なのでしょうか。
別に、「困ったら俺に相談しろよ」とか「悩んでるなら話してみろよ」とかでもいいはずです。「香穂ちゃんが土浦くんに頼る」という図は変わらないわけですから。

でも、あえて俺を選べよというあたりに土浦くんの俺様感と(笑)他のやつらよりも俺のほうがお前に近いぜ、という主張にも見えますね。

という以上の2点を踏まえ、同じ目線で共に成長していける…それが土浦くんの良さの一つですね。

ヴァイオリンとピアノ。楽器こそ違えど、お互い刺激しあって切磋琢磨できる…そういう相手って貴重。

土浦くんは普通科のよしみってことで、香穂ちゃんの味方になってくれることが多いんですよね。

そのあたりも、香穂ちゃんに近づいてくれてるなぁっていうのを感じます。
同い年というのも強み。

でも、同じ普通科で、音楽をかじってる加地くんは最初の入りが「香穂さんマジ天使」なので(笑)
ちょっと距離感が違うんだよね。

女の子扱いじゃなくて、対等に扱ってくれるところもイイ。完全に私の好みの話ですけど(笑)

1-3.実は小学校一緒

3つめの土浦くんの魅力は、実は小学校一緒だった、ってことです。

「お互いの小さい頃を知ってる」

それだけでトキメキポイントだと思うのです。
まあお互い最初は忘れてましたが(笑)

例えば
「お前小学校のときこうだったよな」
「学級委員やってたよな」
とか
運動会のとき…
学芸会のとき…
みたいなエピソードで盛り上がれるわけですよ!!

さらに、他に同じ小学校だった人がいないのもポイントです。

なぜなら、あの空間で[二人だけ]の空間ができあがるから。

お互いしか知らないというのは、仲間意識が生まれるし、意識もする。

これは重要なポイントです。

ただ、土浦くんと小学校が一緒というエピソードが響いてきた記憶がいまいちないんですよね(笑)
小学校のときに、土浦くんのピアノを聞いたことがある…程度だったような。

ゲームに出てないところで二人で何か話してるといいなと思います。
あの先生はどうだったとか、委員会がどうとか。二人で盛り上がって他の人置いてけぼり(笑)

さて、ここまで土浦のいいところをお伝えしてきました。
が、「ちょっと残念な部分」もあるわけです。
でも、そこを含めても好きでいるのが重要だと思うんですよね!

と、いうわけでちょっと残念な部分もお伝えしておきます。

2.土浦くんのここがちょっと残念

私が感じた残念ポイントは、こちら。

  • ちょっとプライドが高い

土浦くんはコルダ2(2fも可)で先輩たちとアンサンブルを組むと、よくぶつかります(笑)

公式サイト

対立イベント数一覧

キャラクター 月森 土浦 志水 火原 柚木 加地
月森 蓮   3 12 1 2 10
土浦 梁太郎 3   4 9 7 8
志水 桂一 12 4   6 6 13
火原 和樹 1 9 6   1 5
柚木 梓馬 2 7 6 1   6
加地 葵 10 8 13 5 6 .
合計 28 31 41 22 22 42

 

 

 

夢の住処

土浦くんが他の人と対立するイベントの回数は計31回。

自分の演奏に自信があったり、譲れないものがあってこうなるんだと思うんですが…それが割りとめんどくさい(笑)

あとは、イニシャル問題も変なプライドかなーと思いますね。
これは月森もそうかもしれませんが(笑)

しかし対立イベント、志水くんと加地くんが多いですね(笑)
志水くんは自分の解釈に信念があるし、加地くんは耳がいいから気になっちゃうのかな。

土浦くんの場合は、このプライドが邪魔してどうこうってことはないのでいいと思うんですが…このプライドの高さから、頑固さも見え隠れてしてるのでそこはこの先どうなるのかな?と思いますね。

信念を貫き通す強さでもありますが、恋愛面に関しては柔軟に対応してくれるといいなと思います。

まとめ

今回は、

土浦梁太郎の魅力

をお伝えしました!

簡単におさらいしておきます。

ここがいい!3つのポイント

  • スポーツもできて料理もできる
  • お互い切磋琢磨できる
  • 実は小学校が一緒

ここがちょっと残念

  • ちょっとプライドが高い

金色のコルダの中でも兄貴肌で、男気溢れる土浦くん。

そんな彼の魅力が少しでも伝われば幸いです。

↓↓土浦くんに会えるのはこちら↓↓

では、ここまでお読み頂きありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

当ページは、株式会社コーエーテクもゲームス、開発ルビーパーティーの「遙かなる時空の中で」シリーズの画像を利用しております。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です